高脂血症の検査



高脂血症の検査の種類、測定法、基準値、異常値の時に考えられる病気について

中性脂肪を測定するときの注意事項

中性脂肪を測定するときの注意事項は、血清中トリグリセリドは食事による影響が大きいので空腹時に測定しましょう。



中性脂肪が増えると、なぜLDLコレステロールが増える?

中性脂肪が増えるとLDLコレステロールが増えるのは、血液中のリポ蛋白のバランスが崩れ、脂質代謝がうまくいかなくなるためです。リポ蛋白の蘇生、働きについて開設します。



中性脂肪が増えすぎるとどうなるの? 

エネルギー源として使われる以外の中性脂肪は、体内に、皮下脂肪、内臓脂肪として蓄えられます。



中性脂肪とコレステロールの違いは?!

コレステロールは大部分が肝臓で作られ、細胞膜や副腎皮質ホルモンの材料、胆汁酸の材料になるもの。中性脂肪は食物として取る脂肪の大部分。エネルギー源として使われ、余分なものは肝臓や脂肪組織に蓄えられます。



中性脂肪(TG・トリグリセリド)とは?

中性脂肪(トリグリセライド)とは、食事中の脂肪が腸で吸収され血液中にとり入れられたものと、いったん肝臓に取り込まれた脂肪が、再び血液中に分泌されたものです。



総コレステロールとは?

コレステロールは細胞の膜を構成したり、胆汁酸やステロイドホルモンの原料となる体にとって必要な物質。



HDL-コレステロール(善玉 コレステロール)

HDL-コレステロール(善玉 コレステロール)は動脈壁に沈着したコレステロールを再び血液中に洗い出す作用があります。




Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.