糖尿病の検査



糖尿病の検査の種類、測定法、基準値、異常値の時に考えられる病気について

ヘモグロビンA1c(HbA1c)の基準値・正常値

ヘモグロビンA1c(HbA1c)の基準値、正常値について。ヘモグロビンA1c(HbA1c)は糖尿病診断に欠かせない血液検査。



糖尿病に必要な検査とは?

糖尿病の診断や経過監察に必要な検査としては、尿糖、血糖、ブドウ糖負荷試験(GTT)、HbA1c、Cペプチド、尿ケトン体、コレステロール、中性脂肪



ヘモグロビンA1c とは

ヘモグロビンA1cは過去1〜1.5ヶ月の平均血糖値。糖尿病の治療コントロールにかかせない糖代謝の血液検査です。



ブドウ糖負荷試験(GTT)とは?

ブドウ糖負荷試験(GTT)は尿糖が陽性、空腹時血糖値が高めの場合の2次検査です。



血糖値の測定

血糖値の増減のしくみ、基準値と病気について。




Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.