腎機能の検査



腎機能の検査の種類、測定法、基準値、異常値の時に考えられる病気について

クレアチニンクリアランスとは?

クレアチニンクリアランスは、尿素窒素やクレアチニンが異常値の場合や腎臓機能が低下していると考えられる場合に行う検査です。基準値と高値、低値で考えられる病気について。



クレアチニン異常値で考えられる病気は?!

クレアチニンは、筋肉にあるクレアチンという物質から産生されるもので尿とともに排泄されます。クレアチニンの基準値、低値、高値で考えられる病気について。



クレアチニンと腎機能の関係?!

クレアチニンは血液中のアミノ酸がエネルギーとして使われた後のタンパク質の老廃物。腎糸球体でろ過され、尿細管ではほとんど再吸収されずに尿中に絶えず排泄されているので腎機能の検査として使われています。



尿素窒素の異常値で疑われる病気とは?!

尿素窒素の異常値で疑われる病気は低値の場合と高値の場合で違います。尿素窒素の低値、高値の場合の原因と病名について紹介します。



尿素窒素で腎臓の機能がわかる?!

尿素窒素は腎臓機能検査。血液中の尿素に含まれる窒素分で、腎臓の機能が悪化すると、尿素が体の中に残り血液中の濃度が高くなります。



血中尿素窒素(BUN)

血中尿素窒素(BUN)が上昇するのはどこかの臓器に損傷がある事を示しています。臓器の特定は5種類のアイソザイムでわかります。




Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.