免疫・血清学検査



免疫・血清学検査の種類、測定法、基準値、異常値の時に考えられる病気について

C反応性蛋白 [CRP]

C反応性蛋白[CRP]は炎症や組織の損傷があるかどうかを調べるときや、病気の重症度を見るとき、病気の経過観察、治療後の判断などに大いに役立つ検査です。



免疫グロブリンE[IgE][RIST、RAST}

免疫グロブリンE(IgE)はアトピー性疾患、気管支喘息のアレルギーを起こしている物質(アレルゲン)の検索には欠かせない検査。




Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.