糖尿病



糖尿病の原因、症状、検査法、治療法について

糖尿病の診断基準が新しくなりました

新しい糖尿病の診断基準が改定され、HbA1Cが糖尿病の診断基準に加わりました。



糖尿病、効果最速の秘策/ 革命的新薬

NHKためしてガッテンで紹介された、糖尿病の新薬「インクレチン関連薬」について。



インスリンの働きとは?

すい臓の病気で忘れてはならないのが糖尿病です。糖尿病はすい臓のインスリン(インシュリン)というホルモンに関わる病気。インスリンの働き、血糖値との関係について紹介



ネバネバ血液とは?

ネバネバ血液は糖分の過剰摂取によって起こり、血液が砂糖液状態になってしまっているのです。



ザラザラ血液とは?

ザラザラ血液はドロドロ血液の1つ。アルコールや糖分のとりすぎで血小板の凝集能と粘着能が高まります。ザラザラ血液は動脈硬化を招き心筋梗塞や脳梗塞にも!食生活の改善が大切。



血液をさらさらにする食事の基本は?

血液をさらさらにする成分を含む8品目の食物の頭文字 『オ・サ・カ・ナ・ス・キ・ヤ・ネ 』でおぼえてください。



糖尿病食でダイエット?!

糖尿病患者がとる食事は,血糖値を下げるメニューになっておりその特長は低力ロリー且つ栄養バランスがとれた内容となっていまさにダイエットにぴったり!!



生活習慣病予防のための食生活のポイント?!

生活習慣病予防には、糖尿病予防、高血圧予防、動脈硬化予防、生活リズムや生活習慣に気を付けましょう。



糖尿病になりやすい食生活とは?

糖尿病は食生活との関連性が高い病気ですから、食生活の改善によって予防することが可能。糖尿病になる原因、欧米化や栄養過多など糖尿病になりやすい食生活を紹介します。



糖尿病で動脈硬化に拍車?!

糖尿病の細小血管の三大合併症は神経障害、網膜症、腎症ですが、虚血性心疾患や脳梗塞、太い脳の血管を含む大血管の動脈硬化の大血管症が糖尿病の予備軍からすでに始まっています。



糖尿病で自律神経障害?!

自律神経の異常はストレスによるものが多いですが、糖尿病性神経障害のように高血糖ドロドロ血液で自律神経に栄養を運ぶ血管が詰まったり、損傷したりして,栄養が伝わらない場合にも起こりえるのです。



糖尿病で足を切断?!

糖尿病の合併症、最小血管の三大合併症のうち糖尿病性神経障害で怪我をしても痛みを感じなくて悪化し、切断ということも!



糖尿病で失明?!

糖尿病で最も問題となるのは、高血糖状態から起こる合併症。特に、毛細血管と細小血管に障害が起こりやすく、網膜の毛細血管に高血糖による傷害がおこり失明することもあります。



血糖値とヘモグロビンA1c(HbA1c)の違い

ヘモグロビンA1c(HbA1c)は糖尿病に欠かせない血液検査。ヘモグロビンA1c(HbA1c)と血糖値との違いを説明。



血糖値が高いと言われたら?

血糖値は血液中のブドウ糖の濃度のことでブドウ糖は生命維持のエネルギー源として利用されているので 血糖値は一定の濃度に保たれているのです。



糖尿病予備軍とは?

糖尿病予備軍とは血糖値が、正常よりは高く、糖尿病と診断される値よりは低い状態



糖尿病の種類とは?

糖尿病の種類には1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病、その他の糖尿病。タイプの説明と原因について紹介します。



糖尿病の患者の人数は?

日本の糖尿病患者の増加は著しく、糖尿病予備軍も含めると40歳以上では5人に1人も。



糖尿病の合併症とは?

糖尿病の怖い三大合併症は、糖尿病性神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病性腎症です



糖尿病はどんな病気?

糖尿病とは尿に糖が出ることですが、今は、血液中のブドウ糖が基準値を越えたときに診断されます。



果糖は血糖値 を上げない?

果物から摂られる果糖程度では、血糖値は上がりませんが、生活習慣病を引き起す原因のひとつにあげられています。



HBs抗原・抗体

HBs抗原・抗体の基準値、異常値で疑われる病気、日常生活での注意点について紹介します。




Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.